SankeiBiz for mobile

東宝、中間営業利益を5割増に上方修正 「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで

記事詳細

東宝、中間営業利益を5割増に上方修正 「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで

更新

 東宝は27日、8月中間連結決算の業績予想を上方修正した。映画「シン・ゴジラ」「君の名は。」がヒットした。本業のもうけを示す営業利益の見通しは従来の167億円を約5割引き上げ、244億円とした。

<< 下に続く >>

 「ドラえもん」や「名探偵コナン」など定番のアニメ映画の新作も好調だった。ミュージカルなど演劇事業も良かった。最終利益の見通しは114億円から165億円に、売上高は1112億円から1149億円にそれぞれ引き上げた。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です