SankeiBiz for mobile

日本で始まった「アップルペイ」、スマホ決済の推進役になるか JR東では一時障害招く

記事詳細

日本で始まった「アップルペイ」、スマホ決済の推進役になるか JR東では一時障害招く

更新

 米アップルは25日、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」などで利用できる電子決済サービス「アップルペイ」を日本国内で始めた。読み取り装置にかざして決済でき、交通機関での移動や買い物が便利となる。サービス開始でアクセスが集中し、JR東日本が提供するスマホ向け会員制サービス「モバイルSuica(スイカ)」のシステムの一部で同日朝から障害が発生した。

<< 下に続く >>

 iPhone7は、JR東日本のICカード乗車券「Suica(スイカ)」などに採用された非接触ICチップ技術「フェリカ」を搭載している。

 スイカの場合、iPhoneに重ねると、残高などの情報が移り、iPhoneがスイカの代わりになる。「モバイルスイカ」のアプリ(応用ソフト)をダウンロードしても利用可能だ。端末上でチャージ(入金)ができるため、券売機を利用する手間が省ける。

 JR東日本によると、同日午前7時半ごろからモバイルスイカにログインしづらい状態が一時発生し、チャージやグリーン券の購入などができなくなった。その後、午前11時すぎに、障害はほぼ解消した。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です