SankeiBiz for mobile

サムスン発火問題でグーグル新スマホの注目度上昇 iPhoneとどっちが買い?

記事詳細

サムスン発火問題でグーグル新スマホの注目度上昇 iPhoneとどっちが買い?

更新

 こうしたサムスンにとっての「悪夢のシナリオ」は絵空事ではない。米主要メディアは今月に入って、ノート7の発煙や出火によるトラブルに見舞われた利用者たちの証言を相次いで報道。就寝中にノート7が出火したというケンタッキー州の男性はメディアの取材に対して、寝室が煙に満たされているのに気づいたときは「死ぬほど怖かった」と振り返った。また駐機中の旅客機内でノート7が発煙し、機内にいた75人が避難したことも話題となった。

<< 下に続く >>

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは12日付紙面に発火で本体が溶けるなどしたノート7の写真を大きく掲載し、「サムスン製品を買う前に考え直そうとする人を責めることはできない」として、サムスンブランドの将来に警鐘を鳴らした。またサムスンが問題の背景について詳しい説明をしていないことへの不信感や、当初は問題を矮小化(わいしょうか)しようとしていたとの批判も出ている。

 米運輸省は14日、米国内で発着する航空機へのノート7の持ち込みや、預け入れ荷物にノート7を入れることを禁止する緊急命令を発表。フォックス長官は「飛行中の機内で1件でも出火が起きれば、乗客が重傷を負う高いリスクがあり、さらには多くの人命を危険にさらす」と緊急命令の理由を説明した。

 ノート7は8月の発売直後から、発火や発煙などの報告が相次ぎ、サムスンは9月、米国や韓国などで250万台がリコール(回収・無償修理)対象になると発表した。しかし交換した代替品でも同様のトラブルが起こるという異例の事態を招き、今月11日にノート7の製造と販売を停止すると発表している。(ワシントン支局 小雲規生)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です