SankeiBiz for mobile

【遊技産業の視点 Weekly View】

記事詳細

【遊技産業の視点 Weekly View】

更新

 □ワールド・ワイズ・ジャパン代表、LOGOSプロジェクト主幹・濱口理佳

<< 下に続く >>

 ■無知が生むパチンコ誤認 正す努力を

 カジノ一つをつくるのに、遊技業界がどうしてここまでやり玉に挙げられ、追い詰められなければならないのか。ギャンブル依存症にせよ、誰かが「カジノができると依存症が問題だ」と言い出すと、「パチンコはどうなのか」と矢が飛んでくる。

 パチンコは風営法で厳しく規制された娯楽であるにもかかわらず、ギャンブルと並列に扱われ、しかも「パチンコは依存に対して何もしてこなかった」などと吹聴する人も出てくる始末。実際、業界は遊技への過度なのめり込み(依存)問題にかねて積極的に取り組んできた。業界団体が支援して2006年に設立した「認定特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワーク」もその一つだが、無料の電話相談を実施するほか、自助グループへの橋渡しや、司法書士会・弁護士会を紹介するなど、公的機関とも連携を取りながら問題解決をサポートしている。本来ならば、自らの無知が原因で誤った情報を発信したことに対し、発言者は潔く謝罪すべきであるのに、今度はパチンコに対する世間の無関心をよいことに、放置を決め込む。

ランキング