SankeiBiz for mobile

商工中金「3~5年で民営化」もいばらの道 いまだ不誠実な営業 経産省内に慎重論も

記事詳細

商工中金「3~5年で民営化」もいばらの道 いまだ不誠実な営業 経産省内に慎重論も

更新

 不正融資が発覚した商工中金について、今後の在り方を議論する政府の有識者検討会が27日開かれ、3~5年後の完全民営化を目指すよう提言する方向性を固めた。商工中金の事業領域を経営状況が悪く、債務者区分で「要注意先」とされる企業などに限定し、経営再建や事業承継などを支援する組織とする。年明けの次回会合で、取りまとめ案が示される予定だ。

<< 下に続く >>

 検討会の座長を務める大和総研の川村雄介副理事長は「異論もあると思うが、3年から5年かけて民営化していくというイメージだろう」と、これまでの議論を総括した。委員の中からは「国策銀行にすべきだ」といった意見も出たが、完全民営化を主張する委員が大半を占めた。

 民業圧迫の批判配慮

 将来的な完全民営化を目指すのは、商工中金が手掛ける事業領域は地域金融機関も進出を狙う分野で、政府系のままだと再び民業圧迫との批判が出かねないことが理由だ。不正融資の温床となった危機対応業務については必要性を指摘する声も多いことから、取りまとめ案に存続を盛り込むが、危機の定義を明確にして期限も設ける方向。外部に第三者委員会を設置し、監視することも求める。

 商工中金は今後、苦境に立たされる地方の中小企業を支援し、再建するという新たな使命を担うことになるが、こうした業務には大幅な意識改革と高度な経営スキルが不可欠となる。腐敗しきった体質を変えるのも容易ではなく、“解体”という最悪の事態は避けられる見通しだが、待ち受けるのはいばらの道だ。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です