サービス

九州で初、福岡市博多区の青果市場跡地にキッザニア 2021年度末の予定

 福岡市は19日、博多区那珂の青果市場跡地(約8ヘクタール)に平成33(2021)年度末、大型商業施設が開業する計画が決まったと明らかにした。「KCJ GROUP」(東京)が運営する子ども向け職業体験テーマパーク「キッザニア」が施設内にオープンする予定としている。

 国内には「キッザニア東京」(東京)、「キッザニア甲子園」(兵庫)があり、九州では初。福岡での概要は明らかになっていないが、既存施設では、実在する企業がスポンサーとなったパビリオンで、本物そっくりの服装や道具を使い、消防士や漫画家などの仕事を体験できる。

 福岡市は19日、公募していた跡地活用の事業者として、三井不動産と九州電力、西日本鉄道で構成する企業グループを選定した。施設にはほかに、学校の部活動や地域の祭りで利用できる10の広場も整備する。

 青果市場は28年に市内の別の場所へ統合移転。市は今年1月から事業者を公募し、4グループから応募があった。来年3月、土地と既存建物を事業者に引き渡す方針。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング