SankeiBiz for mobile

仮想通貨67億円分流出 交換業者「テックビューロ」、不正アクセスで

記事詳細

仮想通貨67億円分流出 交換業者「テックビューロ」、不正アクセスで

更新

 仮想通貨交換業者「テックビューロ」(大阪市)は20日、システムへの不正アクセスにより、「ビットコイン」など3種類の仮想通貨計67億円相当が外部に流出したと発表した。このうち顧客資産は約45億円で同社は全額を返還する方針。入出金などのサービスを停止しており、金融庁と大阪府警に被害を届け出た。

<< 下に続く >>

 流出したのは、ビットコインのほか「ビットコインキャッシュ」と「モナコイン」。14日午後5時から7時ごろまでの間に外部から不正アクセスがあり、インターネットに接続した状態の保管場所「ホットウォレット」から流出した。17日にサーバーの異常を検知し、18日に被害を確認したという。

 事態を受け、テックビューロは金融情報サービスを手掛けるフィスコのグループ会社に50億円の金融支援を要請し、傘下入りすることも発表した。現経営陣は責任をとって退任する見通し。

 顧客資産については「(金融支援による)資金で消失した仮想通貨を調達し、被害が及ばないように準備する」としている。現時点で取引再開の見通しは明らかにしていない。

 テックビューロは金融庁に登録している交換業者で仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」を運営。ただ、経営管理態勢の不備などを指摘され、これまでに2度の業務改善命令を受けた。

 金融庁は20日、3度目の業務改善命令などの行政処分も視野に立ち入り検査を実施、全ての交換業者に対しても同様の被害が出ていないか調査した。

 仮想通貨をめぐっては、今年1月、「コインチェック」(東京)から約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です