SankeiBiz for mobile

ピアボーナス、企業に広がる マイナビやメルカリも導入、ポイント送り合い働く意欲増進

記事詳細

ピアボーナス、企業に広がる マイナビやメルカリも導入、ポイント送り合い働く意欲増進

更新

 社員同士がウェブ上でのポイント交換や投稿を通じて仕事をたたえたり、評価し合うことで働く意欲やモチベーション(動機付け)につなげる成果給「ピアボーナス」の活用が企業に広がっている。提供するUnipos(ユニポス、東京都港区)は昨年6月のサービス開始以来、短期間でマイナビやメルカリをはじめ100社超が導入し、導入企業が付与したポイントは今年9月に平均1ポイント=2円換算で累計1億円を突破した。働き方へのエンゲージメント(愛着心)や組織コミュニケーションを高めるツールとして、企業の人事(HR)部門が注目している。

<< 下に続く >>

金銭変換や表彰にも

 ユニポスは、マザーズ上場の広告会社Fringe81(フリンジハチイチ)がシステムを開発し、提供後の反響の大きさから昨年12月、専門運営子会社として設立した。

 「Unipos」と名付けたシステムの仕組みは週400ポイントを各自に与え、翌週に繰り越せない。チャットツールと連携しており、ポイントと投稿はリアルタイムで利用者全員に可視化できる。ポイントの活用法は企業が自由に決められ、文字通りボーナスとして金銭に反映するもよし、社内表彰にも利用できる。

 昨年9月に導入したメルカリの場合、社員がなじみ、浸透しやすいよう「Mertip」(メルチップ)とオリジナル名を付け、独自の工夫も凝らし積極的に活用している。

 同社には従来、社内コミュニケーション施策として四半期ごとに感謝や称賛したい相手に手書きでカードを贈る制度があった。しかし、組織・人員が急激に拡大したことから、よりコミュニケーションを高めるツールとしてUniposの導入に踏み切った。1ポイント=1円換算で毎月の給与と同時に支給しており、社員平均で月額800円程度になるという。

 カルチャー&コミュニケーションズの山下真智子マネージャーは「金額よりポイントをもらったことがモチベーションにつながる効果の方が大きい」と話す。今年1月には贈った回数、もらった回数が最も多かった社員を四半期ごとに表彰する「Mertip賞」を設けた。同じチーム内だけでなく、他部署や地方拠点との関係も円滑化し、「イノベーション(革新)、コラボレーションを生む仕掛けにもなっている」(山下氏)。

 ユニポスによると、ポイントは導入企業の8割が金銭で支給し、残る2割は金銭相当のインセンティブないし表彰制度で活用している。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です