記事詳細

マッサージ業・接骨院の倒産が激増 過当競争で不正広告や不正請求も横行

更新

 街中でよく目にする「指圧、マッサージ」や「接骨院、整体」の看板。業界の生き残り競争は熾烈で2018年の「マッサージ業、接骨院等」の倒産は過去10年で最多を記録した。倒産した「マッサージ業、接骨院等」の半数は個人企業で、小・零細規模が多いのが特徴。さらに業者間の過当競争から不正広告の横行、不正請求の増加も目立っている。(東京商工リサーチ特別レポート)

<< 下に続く >>

◆2018年の倒産は過去10年で最多

 本調査の「マッサージ業、接骨院等」は、東京商工リサーチの業種コードの「療術業」から抽出した。具体的には、マッサージ業、整骨院、鍼灸院、整体などを含む。

※写真はイメージです(Getty Images)

※写真はイメージです(Getty Images)

 2018年(1-12月)の「マッサージ業、接骨院等」の倒産は93件(前年比36.7%増、前年68件)と前年より大幅に増加した。2009年以降の10年間では最多となり、5年連続で前年を上回った。

 負債総額は20億2700万円(同106.8%増、同9億8000万円)に達し、前年より2倍増に膨らみ、10年間で最大になった。

 ただ、負債10億円以上の大型倒産はなく、同5千万円未満が83件(前年比22.0%増)と、小・零細規模が9割弱を占めた。平均負債額は2100万円(前年比50.0%増、前年1400万円)にとどまった。

このニュースのフォト

  • ※写真はイメージです(Getty Images)
  • マッサージ業、接骨院などの倒産の年次推移

ランキング