記事詳細

【Sakeから観光立国】海外の専門家ら招き日本酒文化をレクチャー

更新

 続いて近年、大消費地の首都圏に近い地の利を生かし、日帰りの酒蔵ツーリズムで実績を上げている群馬県に移動。まず、永井酒造(川場村)と大利根酒造(沼田市)を見学し、ジェトロ群馬貿易情報センター(ジェトロ群馬)との連携による地元食材と地酒とのペアリングを体験。広島に移動し、賀茂泉酒造(東広島市)を見学、最終日には酒類に関して国が所管する唯一の公的研究機関である独立行政法人酒類総合研究所で、日本産酒類について講義を受ける。

<< 下に続く >>

 酒類専門家であり、各地域で活躍する多彩な経歴をもつ面々。帰国後の発信が楽しみだ。

【プロフィル】平出淑恵

 ひらいで・としえ 1962年東京生まれ。83年日本航空入社、国際線担当客室乗務員を経て、2011年コーポ・サチを設立。世界最大規模のワイン審査会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)のアンバサダー。日本酒蔵ツーリズム推進協議会運営委員、昇龍道大使(中部9県のインバウンド大使)、東北・夢の桜街道推進協議会アドバイザーを務める。

ランキング