記事詳細

東大発医療AIベンチャーmiup、日経ソーシャルビジネスコンテストで大賞

更新

 東大発医療AIベンチャー株式会社miup(本社:文京区、代表取締役社長:酒匂 真理)は、社会性・事業性・革新性を兼ね備えた企業として第2回日経ソーシャルビジネスコンテストにて最優秀賞である大賞を受賞いたしましたことをお知らせいたします。

<< 下に続く >>

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179020/LL_img_179020_1.jpeg

3月2日の授賞式にて

 日経ソーシャルビジネスコンテストは、事業を通して社会問題の解決を図るソーシャルビジネスの普及・促進を目的として、社会性・事業性・革新性を備えた法人/個人を表彰するもので、日本経済新聞社によって主催されており、第2回目を迎えた今回は、308件のエントリーがありました。miup社は、バングラデシュでのAI遠隔医療展開・検査センター運営などの実績から、今回の審査指標である「社会性・事業性・革新性」を総合的に体現していることが評価され、大賞受賞に至りました。

 ■代表取締役社長 酒匂 真理のコメント

この度は貴重な賞を受賞させていただき非常に嬉しく思います。miup社では、社会的インパクトの創出と経済的成長の両立に創業当社から取り組んで参りました。このような賞をいただけたことは、私を含むスタッフ一同にとって大変励みになります。新興国の著しい経済成長を会社に取り込みながら、今後も世界の医療・健康問題に少しでも寄与できるよう精進して参ります。

 ■miup社について

東大発医療AIベンチャーであるmiup社は、AI技術をはじめとするICTを駆使し、効率的な医療システムを作り出すことで、これまで医療にアクセスできなかった人々に医療を届けることをミッションに挙げている会社です。コスト削減や病気の特定・スクリーニングなどの分野でのAI開発を進める他、有効なデータリーチを拡大するため、検診遠隔医療サービス・臨床検査センター運営、大型病院との連携を通じた様々な健康フェーズでの医療データの学習・分析を行い、日々効率の良い医療システムづくり、そしてその先にある医療アクセスの改善を目指して事業を進めています。

 <会社概要>

商号 : 株式会社miup

代表者 : 代表取締役社長 酒匂 真理

所在地 : 東京都文京区本郷7-3-1

設立 : 2015年9月

事業内容: 遠隔医療、検診サービス、医療ソフトウェア開発、

臨床検査センター運営

URL : http://miup.jp

提供:@Press

このニュースのフォト

  • ■■掲載えとき■■授賞式にて(集合写真)
  • ■■掲載えとき■■授賞式にて(事業説明)
  • ■■掲載えとき■■授賞式にて(その他受賞者と共に)

ランキング