記事詳細

SCRY.INFOが技術サポートをした日立ハッカーソンは円満閉幕

更新

 SCRY.INFOが技術サポートをした日立ハッカーソンは円満閉幕

<< 下に続く >>

 AsiaNet 78001

 【成都(中国)2019年3月25日PR Newswire】

2019年3月23日-24日の二日間、scry.infoが技術サポートをした日立ハッカーソンは上海XNode張江空間で順調に開催されました。今回のハッカーソンは日立製作所より主催され、CougerやConsenSysが共催しました。中国、韓国、シンガポール三か国の開発者及び在校大学生から構成された16チームを引き付け、「金融+ブロックチェーン」という開発テーマをめぐって競り合っていました。

 Scry.infoは今回のハッカーソンの選手達にscry.infoプロトコルレイヤーをベースに構築された開発環境を提供しました。選手達はscry.infoが集成したSDK開発ツールキットを活かし、速やかにイーサネットにDAppsを構築し、ブロックチェーン運用開発の集成化、効率化を実現させました。今回のハッカーソンをきっかけに、scry.infoプロトコルレイヤーのコードが初めて公開されました。ハッカーソンのテーマに従って、scry.infoは選手達に安定した開発環境及び信頼性の高いコードを提供しました。今回のハッカーソンはscry.infoプロトコルレイヤーが初めて開発者に向けてオープンソースを実行しました。scry.infoの強い技術実力は腕が高くて経験が豊富な開発者達の試練に耐えました。彼らが自分の発想をブロックチェーン環境に実現させることをサポートしました。

 この二日間に、選手達はギークの「粘り強い、とことんまで戦う」精神を貫きました。今回のハッカーソンで自分の発想を具体的な作品で表すことを実現させるため、ほとんどの選手は徹夜して苦戦してきました。

 最後の展示発表の段階に、様々な斬新なアイディアが溢れた作品が相次いで展示されました。スマート設備を通して、顔認識や動態認識の機能で人員の行為を判断し、scry.infoを通してデータを洗浄、保存、引用し、人員の状態を確かめる;IOT設備と融合し、関係者が病院で受けた健康診断のデータを自動で獲得し、スマートコントラクトを通して自動で保険賠償を実施する作品;証拠をブロックチェーンに書き込み、データの真実性を確保する前提で、AIで仲裁する;航空保険を購入し、APIを通して航空データを獲得し、フライトが遅延した場合、スマートコントラクトを通してリアルタイムに賠償を実施させるなど革新的で実用性が高いブロックチェーン作品が誕生しました。競り合い中に、ビッグデータ、IOT、AIなどの技術を活かし、ブロックチェーン作品のイノベーションと融合し、データが個人、企業に対するサービスや存在意義を突破しました。

 Pyxis、狂浪 Waves、明ちゃん、Group 2の四チームは順次に今回のハッカーソンの第一、二、三等賞と日立賞を勝ち取り、日立社が提供する賞金とscry.infoが提供する電気キックボードを獲得しました。一等賞に優勝したPyxisチームは上海科学技術大学の学生から構成されたギークチームです。若々しい彼らは皆に見事な作品を展示しました。彼らの姿は新しいパワーの加入を表しています。彼らのような若者がどんどん加入すると、ブロックチェーンはきっと世の中に輝くでしょう。

 今回のハッカーソンは円満に閉幕しました。参加者達は今回のイベントに高い評価を与えました。今回のハッカーソンをきっかけに、scry.infoの優れた開発環境も公開されました。開催に参与した各社はこれから引き続きより緊密な連携をしていく意欲を示しました。scry.infoはブロックチェーンに興味深い皆様と一緒にブロックチェーンに基づく美しい未来を探索することを期待しています

 scry.info:

Scry.infoは柔軟性やトレーサビリティが備わったオープンソースプロトコルレイヤーとして、データの収集、整合、群智分析、真実データの予測を検証するブロックチェーンスマートコントラクトの汎用などに条件を作ります。scry.infoは開発者/個人及びいかなる組織に向けてブロックチェーンコミュニティを通じて授権するオーポンソースプロトコルと位置付けています。開発者はscry.infoプロトコルを通じて、オフィシャルシステムに登録し、データサービス集合を使ったAPIを構築することができます。面白いデータソースを選出し、scry.infoに加入すると、クラスタスマートでデータを検証することができます。すべての真実なブロックチェーンデーターソースドキュメントはトレーサビリティができます。

 (日本語リリース:クライアント提供)

ランキング