記事詳細

◆「面倒見の良い大学」へ!関西大学が「新入生歓迎の集い2019」を開催◆~ たこ焼きパーティーや特別バンド演奏で大阪流のおもてなし ~ 学生の学びを支える「学修コンシェルジュ制度」を導入!

更新
1/2枚

 このたび関西大学では、今春から下宿を始める新入生を主な対象とした、大学生活スタートダッシュ促進企画「新入生歓迎の集い2019」を、4月3日(水)17:30から千里山キャンパス100周年記念会館で開催します。

<< 下に続く >>

 【本件のポイント】

・今春から下宿を始める新入生を主な対象とした、仲間づくり交流イベント

・たこ焼きパーティーなど大阪文化を駆使したおもてなしで新入生を歓迎

・学修支援等を目的とした「学修コンシェルジュ制度」を試験的に導入し、4年間の学生生活をサポート

 本学にはたくさんの下宿生が在籍しており、これらの学生は「大学の多様性」を支える貴重な人材といえます。昨今の大学業界において、学生の「大学に対する満足度」向上につながる一層の施策・サポートが求められています。本イベントは、新生活をスタートさせる同じ境遇の仲間同士で悩みや不安を共有する交流イベントです。立食パーティー形式で、たこ焼きやお好み焼き、あめちゃん等々、なにわの食文化を堪能してもらうほか、本学校友・教職員・在学生による特別バンド演奏などで新入生をもてなします。

 ■ きっかけは保護者の「こんな企画あったらいいな」という切実な願い

やはり遠方から大事な我が子を送り出すというのは勇気がいるもの。実際に本学が全国各地で定期的に実施している保護者との懇談会では、「大学生活にうまく馴染めているのか」といった不安や心配の声が多く挙がっていました。そんな保護者の切実な声に応えるべく、従来開催されてきた大学生協主催による同種の歓迎会をパワーアップさせ、オール関大(大学、教育後援会、校友会、生協)によるイベントとして2018年度から実施しています。

  ■「面倒見の良い大学」へ。学びを支える「学修コンシェルジュ制度」を導入

昨年は約900人の新入生が参加し、「同じ学部の友達ができた」「心細かったので安心した」「先輩から貴重な話が聞けた」などと多くの喜びの声を聞くことができました。遠方から我が子を送り出した保護者の方々の不安解消に、微力ながら役立てたように思います。そして今年は大学の新たな取組みとして「学修コンシェルジュ制度」を試験的に導入します。本学学生相談・支援センターにおける相談件数は、年々増加(直近3年は1,000件以上)しており、本学では職員が積極的に学生の学びを支えていく必要性があると考えています。歓迎会では、4年間の学修サポートや学生生活の悩み相談などに対応する職員を紹介し、「面倒見の良い大学」として、一層の安心を届けます。

 < 新入生歓迎の集い2019の概要 >

  【日 時】4月3日(水)17:30 ~ 20:00

  【場 所】千里山キャンパス 100周年記念会館

  【主 催】関西大学 【協 力】関西大学生活協同組合

  【共 催】関西大学教育後援会、関西大学校友会

  【内 容】・応援団による演舞演奏

 ・本学校友・教職員・学生による特別バンド演奏 など

  【備 考】15:00~は新入生歓迎特別マッチ・ラグビー関関戦を実施

 ▼本件の詳細▼

関西大学プレスリリース

http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2018/No105.pdf

 ▼メディア関連の方▼

※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。

 ▼本件に関する問い合わせ先

総合企画室 広報課

寺崎、浦田

住所:大阪府吹田市山手町3-3-35

TEL:06-6368-0201

FAX:06-6368-1266

メール:kouhou@ml.kandai.jp

 【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

このニュースのフォト

ランキング