ぐるなびのチョットぐな話

きもので京料理を楽しむ

 5月1日、元号が「令和」に代わった。元号という日本特有の文化を改めて意識する機会となり、日本文化への関心を強めた人も多いのではないだろうか。

 1日から、日本の伝統文化である「きもの」と「食」をかけ合わせた文化体験ができる特別企画「KYOTO365 presents きもの de 京料理マンスリー」が始まった。京都から和装の魅力を広く情報発信する「Fashion Cantata from KYOTO」と、食と体験で本物の京文化を提唱する「KYOTO365」がコラボレーションした期間限定の企画で、「きもの」と「食」を通じた文化体験機会の創出拡大を目的に開催。

 「KYOTO365」とは京都を代表する次世代料理人が集う「京都料理芽生会」と「ぐるなび」が力を合わせ、「京都の食」と「京都の文化」2つの“本物の京都”を体験できるプランがそろう新しいサービスだ。ガイドブックには載っていないとっておきの場所や、地元の人も知らない食体験など、京都の魅力に深く触れることのできる機会を企画提案している。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング