イベント プレビュー&レビュー

ラグビー強豪国のメニューを味わう 「2019ウェールズ応援メニュー」

 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーは17日に「2019ウェールズ応援メニュー 食べて応援スポーツの秋」の提供を始める。11月14日まで。7月に就任した石川篤志・新料理長が腕を振るうのはウェールズの食材で作りだす魅惑の料理。ラグビーワールドカップが日本で初めて開催される中、関心を集めているラグビーの強豪国、英ウェールズの食材に着目したという。

 ディナーコースは、20階のサザンタワーダイニングで「ウェルシュディナー」を提供。幻の食材といわれる「英国海岸より届いたブルーオマールと野菜のフリカッセ 包み焼き」や、メインディッシュの「ウェールズ産子羊のコートレットのグリル ウェルシュレディミントソース」、コース終盤の「チャールズ皇太子も愛する カウズ・ケナース チーズの盛り合わせ」など、美食の国ウェールズの魅力があふれる味わいを届ける。

 また、オープンキッチンのバルでは、「WC出場国応援ランチ」やア・ラ・カルトメニュー「熊本県産あか牛のウェールズバーガー」などを用意。ウェールズ産のウイスキーや、ジンやウオッカでお好みに合わせて作るカクテルなどもそろえる。

 ▽イベント名=「2019ウェールズ応援メニュー 食べて応援スポーツの秋」

 ▽期間=17日~11月14日まで。

 ▽提供時間=ランチは午前11時半~午後4時、ディナーは午後5時半~10時。

 ▽場所=小田急ホテルセンチュリーサザンタワー(東京都渋谷区代々木2-2-1)「サザンタワーダイニング」(20階)

 ▽料金=「WC出場国応援ランチ(全4品)」は3800円。「ウェルシュディナー(全6品)」は1万2000円。

 ▽予約・問い合わせ=03・5354・2177

 ▽URL=www.southerntower.co.jp

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング