サービス

駅やコンビニで荷物受け取り 再配達解消へ アマゾンが小田急などと提携

 アマゾンジャパンは18日、駅やコンビニで配送された荷物を受け取る大型のロッカーと、提携企業の店舗の店員による荷物の受け渡しができる拠点を東京、神奈川の各地に開設すると発表した。小田急電鉄やファミリーマートなどと提携し、年内に計200拠点に広げる予定。来年以降、全国に拡大する考えだ。

 今回始まるのは駅やコンビニに設置された専用ロッカーと提携企業の店舗で、アマゾンを通じて購入した商品を受け取ることができるサービスだ。小田急は国内の鉄道各社で初めてアマゾンと提携。今月から年末にかけ、下北沢や経堂などを皮切りに計10駅でロッカーを設置する。

 受け取りを希望する利用者は商品購入時に受け取るロッカーの場所を検索、選択する。所定の場所に商品が到着すると、受け取りに必要なバーコードがスマートフォンに届く。ロッカーに取り付けられた読み取り機にバーコードをかざすと扉が開き、商品が受け取れる仕組みだ。提携先の店舗を利用する場合は、各店舗の店員が対応する。

 アマゾンのジェフ・ハヤシダ社長は「ドライバーの再配達に関する負担軽減は大きな課題だ」と指摘。「お客さまの受け取れる選択肢を増やし、負担が軽減できれば」と述べた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング