IT

au、端末「最大半額」プラン見直し 政府の指摘で割引幅縮小へ

 KDDI(au)は携帯電話端末を48カ月の分割払いで購入すれば「最大半額」にするとうたったプランを11月にも見直す方針を固めた。端末代の割引幅は半額より小さくなる見通し。対象を自社回線の契約者に限定し、月額390円の利用料も撤廃する。現行プランの仕組みや広告表示に対する政府の指摘や批判を受け、全面的な見直しを余儀なくされる。

 10月に端末代金と通信料金のセット割引を禁止する携帯料金の新ルールが導入されることに対応し、KDDIは9月12日に最大半額のプランを10月1日から導入すると発表した。短期間での修正は極めて異例。

 最大半額プランは端末を48カ月の分割払いで購入し、25カ月目以降に端末を下取りに出すなどすれば、最大半額近くの残額の支払いを免除する仕組みで、他社の回線利用者でも契約できるようにした。だが、端末には100日間、自社回線でしか利用できない「SIMロック」がかかるため、有識者会議では囲い込みだと批判が出ていた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング