現場の風

ANAセールス ハワイで参加型音楽イベント開催

 □ANAセールス経営企画部担当部長・宮紳介さん(63)

 --昨年11月にハワイで開かれた音楽イベントを提案したきっかけは

 「『エアバスA380』という大型機を成田-ホノルル線に投入して日本とホノルルのパイプを太くするに当たって、色々な面で交流すべきだろうと考えた。日本航空は『ホノルルマラソン』で地域に貢献しており、ANAはカルチャーで、ということで音楽に着目した。ハワイ州知事らからもぜひやってくれと言われた。良い音楽を提供すれば日本からも来てくれるし、ハワイの人からも喜んでもらえる」

 --さまざまなジャンルの音楽イベントにした理由は

 「最初はクラシックのみでとも思ったが、ハワイのプロオーケストラは一度破産しており、州知事からもクラシックだけだと人が集まらないと言われた。そこで友人で作曲家の都倉俊一さんや知人の弟で作曲家の千住明さんに相談したり、新たなイベントを開催するに当たってネットワークづくりに奔走した」

 --これまでも音楽に携わってきたのか

 「個人的には全く駄目。営業畑として卓球の福原愛選手のスポンサーになるために苦心したり、ずっとスポーツの担当をしてきた。途中で音楽に変わったが、音楽も奥が深くて非常に面白い」

 --今後のイベントの構想は

 「ホノルル市長からはアートのイベントと組んでみたらどうかとも提案されている。いずれはカルチャー全般のイベントになるのでは。今年については『音楽好きは自分で演奏できます』というのを考えている。楽器をやっていた人が披露するステージを提供すれば、学校の吹奏楽部の同期が集まって旅行がてら演奏というのも提案できる。コンクールをイベントの中で開催するというのも考えられる。色々なアイデアから考えていきたい」

                   ◇

【プロフィル】宮 紳介

 みや・しんすけ 慶応大法卒。1980年4月全日本空輸入社。ニューヨーク支店、台北支局長などを経て現職。東京都出身。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング