サービス

公共交通機関にマスク優先確保 政府で検討と赤羽国交相

 赤羽一嘉国土交通相は16日、タクシー運転手に新型コロナウイルスの感染者が相次いでいることを受け、タクシー最大手、日本交通の千住営業所(東京都足立区)で新型ウイルス対策を視察した。赤羽氏は(検温やマスクなど)「お願いしていることを確認できてよかった」と述べた上で、タクシーやバスなど公共交通機関に優先的にマスクを確保できるよう、政府で検討していると明らかにした。

 赤羽氏は、公共交通機関の運転手らに対するマスクの供給は医療機関と同様に重要という認識を示した上で「公共交通機関でマスクが着けられないということがないように努力したい」と述べた。

 日本交通は1月28日からマスクの着用を義務付けているが、川鍋一朗会長は「マスクや消毒液は残り1週間分ぐらいならあるが、その後は足りなくなるかもしれない」と述べ、政府の対策に期待感を示した。

 国土交通省は15日付で、全国のタクシー事業者などに対し、乗車前の検温で乗務員の健康状態把握に務めるなどの通達を出した。これを受け、日本交通は検温以外にも車内換気の徹底やシート、ハンドルをはじめとした車内の消毒などの対策を進めている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング