サービス

キリンビール、ノンアルビール「キリン グリーンズフリー」無添加で自然派を訴求

 キリンビールは20日、ノンアルコールビール「キリン グリーンズフリー」を3月31日に発売すると発表した。ビールらしい味わいを香料・糖類・人工甘味料を無添加で実現した意欲作で、“自然派ビールテイスト炭酸飲料”としてノンアルビール市場に投入、既存3商品とともにノンアルビールの飲用シーンの拡大させて、今年を「ノンアルビール再成長元年」とするねらい。

 ノンアルコールビールの製造では、原料の麦汁をアルコール発酵させないため雑味や麦汁独自の香りが強く残ることなどから、香料・糖類・人工甘味料を使って味わいを調整する。

 グリーンズフリーでは、これらの添加物の不使用を実現するため、麦汁の温度管理やホップ投入のタイミングなどを自社のビール類商品の製造方法を参考に独自製法を確立。ホップ由来の香味が爽やかに感じるように仕立てた。容量は350ミリリットル缶と500ミリリットル缶の2種類で、350ミリリットル缶はコンビニエンスストア実勢価格で税抜き137円となる見込み。今年の販売目標は158万ケース(大瓶20本換算)。

 国内ノンアルビール市場は、キリンが「キリン フリー」を投入した平成21年に誕生、ビール代替やアルコールを飲めない人を中心に需要が拡大し、30年までの10年間で約6倍に伸長したという。健康志向も高まっているが「ビールが飲めないから飲むという消極的理由」(マーケティング部の山形光晴部長)で選ぶため、市場はビール類の25分の1、ビール飲用者の3分の1程度しか購入していない。キリンは新商品で気分転換など新たな飲用シーンを提案、ビール飲用者の取り込みを図りたい考えだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング