メーカー

京セラ、ダッシュボードを「透明化」 光学迷彩用いたコンセプトカー開発

 京セラは29日、運転席に次世代技術を採用したコンセプトカー「Moeye(モアイ)」を開発し、報道関係者に公開した。物体を透明に見せる光学迷彩技術を使うことでダッシュボードの先の風景が透けて見え、ドライバーの視野が広がり道路状態を確認しやすい。自動運転技術の進化で車内空間の重要性が高まっていることに対応した。

 光学迷彩技術の専門家である東京大先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授と共同開発した。車体の前部に8台のカメラを搭載し、運転席から見える風景を映像処理して特殊な素材を使用したダッシュボードに映し出す。透けて見えさせるだけでなく、3D映像を映すこともできる。

 ダッシュボードの奥には高性能な液晶ディスプレーが入っており、ドライバーの前にキャラクターの映像が浮かび上がる仕組みも採用。自然に近い光を作り出す京セラ独自のLED照明や、振動スピーカーも搭載した。

 京セラがコンセプトカーを公開するのは2018年に続き2回目となる。開発担当者は「車の(中と外の)境界を開放し、全く新しい移動空間を提供した」と話した。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング