メーカー

レオパレスが債務超過解消へ ファンドが572億円支援

 賃貸アパート大手のレオパレス21は30日、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループからの支援を受け入れると発表した。施工不良問題で屋台骨の賃貸事業の業績が低迷し、6月末時点で118億円の債務超過に転落。支援額は572億円になり、債務超過を解消する見通しだ。

 同時に発表した令和2年4~6月期連結決算は最終損益が141億円の赤字(前年同期は57億円の赤字)。売上高は前年同期比8・2%減の1039億円だった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング