メーカー

“ルンバ”が小学校でも活躍 プログラミング教材「Root」来月発売

 米アイロボットの日本法人は、自動掃除機「ルンバ」を模したロボットを活用するプログラミング教材「Root(ルート)」を発表した。2月19日に2万9800円で発売し、教育市場に参入する。昨年4月にプログラミング教育が必修化されており、計1000台を全国の小学校に無償提供して普及を目指す。

 無料の専用アプリでプログラミングし、手のひらサイズのロボットに動作を指示する。ルンバと同様、壁に当たったら跳ね返り、段差をセンサーで把握する。音楽を奏でたり、付属のペンで絵を描いたりもできる。

 授業での利用を想定し、裏面の磁石を使い白板に沿って垂直に動ける。プログラミングの習熟度に応じ、3段階のレベルを設定可能にしている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング