メーカー

「SR400」生産終了へ ヤマハ発の人気バイク

 ヤマハ発動機は、1978年に初代を発売しロングセラーを続けるバイク「SR400」の国内向け生産を終了すると発表した。排ガス規制が強化され、2022年11月以降は販売ができなくなるためで、3月に最終モデル「ファイナルエディション」を発売する。年間5千台の販売を目指す。この他、千台限定の特別仕様車も用意した。

 SR400はペダルを踏んでエンジンを始動する機構や、初代からほとんど変わらない昔ながらのシンプルな外観が人気で、累計11万台以上生産された。

 近年も好調な販売を維持していたが、排ガス規制に対応するには多額のコストがかかるため、国内向けの生産を終了する。タイ向けの生産は継続する。

 「ファイナルエディション」の希望小売価格は60万5千円。シリアルナンバー入りのエンブレムや本革調シートを装備した特別仕様車は74万8千円で販売する。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング