メーカー

三菱電機、社長の発言を訂正 検査不正会見

 三菱電機は3日、2日に開いた鉄道車両向け機器の検査不正に関する記者会見での杉山武史社長の発言を訂正すると発表した。6月29日の株主総会で不正の報告を見送った判断について「(総会の)前日に取締役会の皆さんにも諮った」と説明していたが、取締役会は開かれておらず、協議はしていないと改めた。

 杉山氏は最終的な判断について「取締役会の中でもご理解をいただいた」との発言もしていた。同社は「取締役に個別に見解を説明した上で、社長ら執行役の判断で公表を控えたことを伝えたものだった」とした。

 杉山氏は、この会見で引責辞任する意向を表明した。株主総会での報告見送りの理由は、十分に情報が把握できていない中では望ましくないとの判断だったと説明した。

 同社は「事実と異なる発言で迷惑をかけ、おわび申し上げる」とコメントした。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング