メーカー

塩野義製薬がコロナ治療薬の治験開始 飲み薬タイプ、ウイルス増殖抑制

 塩野義製薬は26日、新型コロナウイルス治療薬の臨床試験(治験)を開始したと発表した。飲み薬タイプで、塩野義はワクチン開発とともに実用化を急ぐが、薬の使用が認められる時期は未定としている。塩野義によると、既存薬からの転用ではなく、コロナ治療専用の薬として治験入りしたのは国内企業として初という。

 塩野義の治療薬はウイルスの増殖を抑制するもので、動物試験でウイルス量の低下を確認できた。22日に健康な成人に初回投与したが、問題は見られなかったという。治験の結果を今後分析し、適切な投与量や投与間隔を詰める。塩野義は昨年から北海道大などと共同でコロナ治療薬の研究開発をしている。

 塩野義はワクチン開発も進めており、治験で安全性や有効性の確認を進め、条件が整えば年内にも供給を始めたいとしている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング