テクノロジー

ENEOSと三菱ケミカル、茨城にプラ再生設備を建設

 ENEOSと三菱ケミカルは、国内最大規模となるプラスチックのリサイクル設備を、三菱ケミカル茨城事業所(茨城県神栖市)に共同で建設する。投資額は数十億円とみられる。両社はともに生産拠点を置く茨城県鹿島地区で連携しており、今回の再生事業もその一環。

 リサイクル設備の処理能力は年間2万トンで、令和5年度に稼働させる。外部から調達した廃プラスチックを液化して油化処理を行う。両社がリサイクルで製造した油を、石油精製装置やナフサ分解装置で原料として使い、石油製品やプラスチックに再製品化する。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング