IT

EU、生産推進へ新法案 半導体脱アジア依存目指せ

 欧州連合(EU)は15日、アジア製半導体への依存からの脱却を目指し、EU域内の研究開発や生産を推進するための新法「欧州半導体法」の制定を目指すと明らかにした。EUのフォンデアライエン欧州委員長がフランス・ストラスブールの欧州議会での施政方針演説で述べた。

 半導体はスマートフォンなどさまざまなデジタル製品に使用され、世界的な供給不足により生産の停止や遅れが出る事態に陥っている。フォンデアライエン氏は「デジタルは(EUの運命を)左右する問題だ」と指摘、脱アジア依存の重要性を強調した。

 新法は、半導体の開発や生産、投資を共同で行い、EU域内での安定供給を確保する狙い。米国でも半導体の国内生産の強化に向けた取り組みが加速している。フォンデアライエン氏は演説で「世界の需要が爆発的に増加する一方、欧州のシェアは縮小している。われわれはアジア製の最先端の半導体に依存している」と訴えた。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング