IT

米がファーウェイ幹部の帰国容認か カナダで拘束、司法取引成立の予定

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは24日、カナダで拘束され、米国で起訴された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告について、米司法省が中国への帰国を容認したと報じた。複数の関係者の話として報じた。24日に米東部ニューヨーク州の連邦裁判所で、司法取引が成立する予定という。

 孟副会長は2018年12月、米当局の要請に応じたカナダ司法当局にバンクーバーで拘束され、保釈中。米国の対イラン制裁を逃れるため銀行に虚偽の説明をしたなどとして、19年1月に米国で起訴された。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング