金融

新生銀がTOB反対発表 SBI、初の敵対的買収

 新生銀行は21日、SBIホールディングスからのTOB(株式公開買い付け)に反対すると正式発表した。買収防衛策の発動を諮る臨時株主総会を11月25日に開催することも決定。SBIによる異例の買収劇は、銀行で初めての敵対的買収に発展した。ただ新生銀はSBIが最大48%とした買い付け上限の撤廃と買い付け額の引き上げを要求。SBIが応じればTOBに賛同し、臨時総会も中止するとした。

 新生銀の工藤英之社長は東京都内で記者会見し、今回のTOBは「株主の共同の利益につながらない」と強調し、友好的な買収相手を探す意向を示した。

 SBIは今回のTOBで約20%保有する新生銀株を最大48%まで買い増した上で、元金融庁長官の五味広文氏らを経営陣として送り込み、連結子会社化することを目指している。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング