SankeiBiz for mobile

GMOがFC琉球のスポンサーに 協賛金はビットコインで、日本初

記事詳細

GMOがFC琉球のスポンサーに 協賛金はビットコインで、日本初

更新

 仮想通貨交換業大手のGMOコイン(東京)が、サッカーJ3のFC琉球(沖縄)と2018年シーズンのクラブパートナー契約を締結したことが18日、わかった。協賛金はビットコインで贈呈し、J2昇格を果たした際はボーナスも支払う。

<< 下に続く >>

 関係者によると、プロサッカークラブのスポンサーが協賛金をビットコインで支払うのは日本では初めてで、世界でも極めて珍しいとみられる。

 SankeiBizの取材に対して関係者は、GMOコインがパートナー契約を結ぶ理由として、「FC琉球のサポートを通して、GMOコインの仮想通貨事業の認知拡大と沖縄県の地域発展」などを挙げている。GMOコインが贈呈する協賛金(ビットコイン価格は非公表)はチームに対して支払われ、関係者によると、選手らにも分配される見通しだ。

 さらに、「沖縄でのサッカーの振興とFC琉球のさらなる活躍を奨励」する目的で、チームがJ2昇格を果たした際はボーナスも贈呈する。価格は10ビットコイン(6月18日現在の市場価格で約718万円に相当)だが、贈呈時の相場で変動する可能性もある。

 スポンサー契約は2018年シーズンが対象だが、「更新される可能性もある」(関係者)としている。

 GMOコインはスポンサーとして、FC琉球のホーム試合に、横断幕やゴール裏の広告ボードで同社の看板を掲示。FC琉球はGMOのスポンサードを機会に、「ブロックチェーン技術を活用したサポーター向けサービスの開発などの検討を進める」(関係者)としている。

このニュースのフォト

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です