SankeiBiz for mobile

東京のバカ高い家賃が「パラサイトと未婚者」を量産する とくに厳しい若年世帯

記事詳細

東京のバカ高い家賃が「パラサイトと未婚者」を量産する とくに厳しい若年世帯

配信元:PRESIDENT Online 更新

 バカ高家賃がパラサイトを生み、未婚率を上げるのか

<< 下に続く >>

 今見たのは東京と鹿児島の例ですが、他の県はどうでしょう。同じやり方で計算した、県別・年齢層別の「家賃/年収」比率の一覧表をご覧いただきましょう。黄色マークは全県の最高値、青色マークは最低値です。上位5位の数値は赤字にしました。

 マックスはどの年齢層も東京かと思いきや、25歳未満だけは京都が最も高くなっています。実に52.9%で半分を超えます。

 京都は大学がたくさんあり、学生の単身世帯が多いためでしょう。しかしこの事実は、日本の下宿学生の生活がかなり苦しいことの証左です。収入(仕送り、奨学金、バイト代など)の半分以上が家賃に食われる。こういう社会が、他にあるでしょうか。

 上位5位(赤字)の分布を見ると、借家世帯の「家賃/年収」比は、やはり都市部(東京、神奈川、大阪、京都など)で高いようです。地方で低いのは、収入は少ないけれど、家賃がそれを補って余りあるほど安いということ。家賃の他に、自動車の維持費などの経費もかかるでしょうが、生活のゆとりという点では地方に軍配が上がる気がします。

 言わずもがな、住居の面積も広い。データは示しませんが、東京の富裕層よりも鹿児島の貧困層のほうが広い家に住んでいます。

このニュースのフォト

ランキング