SankeiBiz for mobile

妻に「ワンオペ育児」をさせる夫の傾向 「でかい口たたくなら、俺よりも高い給料を取れ!」

記事詳細

妻に「ワンオペ育児」をさせる夫の傾向 「でかい口たたくなら、俺よりも高い給料を取れ!」

配信元:PRESIDENT Online 更新

 ▼「子育てバイト」する夫はいらない。「正社員」の夫が欲しい

<< 下に続く >>

 5項目すべてが○だとしても、諦めてはいけない。わが子の世話は「待ったなし」であることがほとんどなので、どうしても夫の協力は不可欠だ。家族全員の幸せのためにも、夫を「育児を手伝う人」から「育児を担う人」に変えなければならない。

 男性は論理的な人が多く、問題があると「解決したい」という欲求を持つ傾向があるのでその習性を利用しよう。そのためには「育児、家事、仕事」をできるだけ具体的に「見える化」することだ。そのうえで、諦めずに夫との話し合いの場を設けよう。

 「頑張っているのは知っているよ。本当に偉いね。ありがとう」

 たとえば、こう夫に相談して、話し合いのテーブルにつかせるのだ。

 「お互いが帰宅してから寝るまでの家事は◯◯、育児関係の仕事には△△がある。子どもを眠らせるのが21時ならば、逆算して20時半にはお風呂に入らせたい、それならばこの時間に食べさせたいので、食事作りはこの時刻からやりたい。付随する業務として寝かしつけのための絵本読み、子どもをパジャマに着替えさせ、歯磨きをさせる、洗濯機を回す、食器を洗う、翌朝のゴミ回収の準備が考えられる。このオペレーションを効率的にやるための分業プランは何だろう?」

 もちろん育児ほど計画的にいかないものはないので、理想と現実には大きなギャップが

 出るだろう。それでも夫の意識改革の第一歩に着手しなければ、いつまでたってもゼロ地点から前には進めない。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です