5時から作家塾

実はガラパゴス製品 加熱式タバコ「アイコス」が中国人富裕層の注目の的に

筑前サンミゲル
筑前サンミゲル

 日本へ出張するたびに専用タバコを“爆買い”

 「とにかくかっこいい」と嬉しそうに手にしているのは加熱式タバコ「アイコス(iQOS)」。日本向けのシステムやアプリ開発をする会社を経営する中国人の張さんは、日本へ出張するたびに専用タバコを“爆買い”しているという。

 実は、アイコスは中国では販売されておらず、品薄になった昨年始めなどは、日本での購入価格の2倍ほどの高値で売られていた。

 張さん曰く、経営者同士での会合などでアイコスは洗練されたスタイリッシュさで注目の的となり、オレもオレもと中国人富裕層の愛好者を増やしているという。中国人は見た目のメンツを重視するので、中国では売られていないアイコスは、彼らのメンツを満たしてくれる恰好のアイテムなのだろう。

 経済発展が加速し始めた90年代終わりでも成人男性の喫煙率が8割を超えていた、という新聞記事が確認できる中国では、高度成長が一段落したこの10年での健康志向の高まりから喫煙率が急激下がっている。

 質にこだわりを見せ始めた富裕層

 マナーの問題は別にして、10年前には分煙されていなかったので常に煙っていた駅構内などはスッキリ分煙化され、パーティションで区切られていただけで煙が漏れていた国際空港でも喫煙室の個室が当たり前になるなど、かつての喫煙大国では一気に分煙化が進んでいる。

 そうなってくると経済的に余裕がある富裕層はタバコの質にこだわりを見せ始め、葉巻へ切り替えたり、アイコスのような国内で販売していないような舶来品へ移行し始めたりしている。

 アイコスを始めとする「プルームテック(Ploom TECH)」「グロー(glo)」などの加熱式タバコは、ほぼ日本でしか販売されていない。実は、加熱式タバコは、ガラケー(ガラパゴス携帯)と呼ばれるフューチャーフォン以来のガラパゴス製品であることをご存知であろうか。

 アイコスは2015年の発売以降、販売許可される国があまり増えないため、「日本禁煙科学会」によると、全世界の加熱式タバコ市場の85パーセントを日本が占める。平成時代、ほぼ日本でしか販売されなかったものの代表としてMD(91年発売)や99年サービス開始のiモードなどが挙げられるが、加熱式タバコは、令和のガラパゴス製品なのだ。数種売られている加熱式タバコの中でも中国人は特にアイコスを好んでいるようだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング