5時から作家塾

自宅にいながらジム気分を味わえる 今、ペロトンが熱い

岡真由美
岡真由美

 冬が近づき気温が下がったためか、アメリカでは新型コロナウイルスが再び勢いを盛り返している。バスケットボールなどの屋内スポーツを制限する動きもあり、徐々にクラスを再開していたスポーツジムも再び厳しい状況に立たされている。さらに寒くなれば、温暖な地域を除けば、アウトドアスポーツも楽しめなくなるだろう。

 そうした状況の中、少しでも身体を動かそうと、自宅でエクササイズをする人が増えている。ユーチューブやズームを利用したクラスを受講する人も多いが、今、アメリカや欧州で注目を集めているのが「ペロトン(Peloton)」だ。

 ペロトンは、ヨガや各種エクササイズクラスをオンラインで提供するだけでなく、専用のエクササイズバイクとトレッドミルも合わせて提供している。これらを購入し会員登録をすると(有料)、自宅にいながらにしてスポーツジム気分が味わえる。クラスはオンデマンドなら24時間受講が可能、もちろんリアルタイムのライブクラスにも参加できる。バイクなどを購入せずに、デジタル会員となることも可能(月額12.99ドル)だが、バイクやトレッドミルを合わせて購入する会員が圧倒的に多いようだ。

 ペロトンが販売する専用エクササイズバイクは現在、オリジナルの「バイク」と、夏に登場したばかりの機能向上した新モデル「バイク+」の2種類があり、前者は1895ドル、後者は2495ドル。トレッドミルの「トレッド+」は4295ドルと、いずれも決して安くはない。しかし特にバイクは大人気で、原稿執筆時点(11月初め)では、「バイク」は注文してから納品されるまで5週間から10週間、「バイク+」に至っては納品まで12週間以上かかるという。ちなみにトレッドミルの廉価版「トレッド」(2495ドル)は、2021年初めに発売予定だ。

 ではなぜペロトンがこれほどまでに人気を集めているのだろうか。

 一部の人々を除けば、エクササイズを継続するのは簡単なことではない。特に自宅で、たったひとりで毎日運動するというのは、なかなかハードルが高い。

 ペロトンのバイクやトレッドミルの前面には大型のタッチスクリーン(バイクは22インチ、バイク+は24インチ、トレッド+は32インチ)が搭載されていて、この画面に映し出される動画を見ながらバイクを漕いだり、トレッドミル上を走ったりする。前述したようにクラスはライブのものと、いつでも好きなときに視聴できるオンデマンドとがあり、自分のスケジュールに合わせて運動することが可能だ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング