5時から作家塾

コロナで翻弄された2020年、今年の大掃除は不要品をお金にかえよう

泉澤義明
泉澤義明

 コロナウイルスに翻弄されたこの一年。緊急事態宣言によるステイホーム期間以降、多くの方が自宅の片付けの時間が増えたことで、リサイクルショップ、フリマアプリの利用者数が増加したといわれています。

 自分が使わない物は、誰も使わないだろうと決めつけないことがポイントです。あなたにとっての不要品が、他の人には価値ある品物になることもすくなくないのです。

 部屋が片付き、捨てようと思っていた物が喜ばれながらお金になる。ごみにならずに環境にも良い。今まで不用品を捨てていた方、また捨てることもできずタンスの肥やしになっている方、コロナの影響で生活がガラッと変わり先行きが不安な今、今年の大掃除は、不要品を有効活用してみてはいかがでしょうか。

 フリマアプリやリサイクルショップで売る場合にできるだけ高く売るには、いくつかポイントがあります。

 まずは、できる限り商品を綺麗にすること。洋服であれば当然洗濯し、きちんと畳む、しわは伸ばしておくなど、状態をよく見せるためのひと手間は重要です。

 箱・保存袋・保証書・ブランドのショップカードなどの付属品、値札、商品タグ、品質表示タグも残っていれば外さずそのままにしておくと、買取額・販売価格が大きく変わります。

 リサイクルショップに持ち込む場合、どのような店を選択するのかもポイントです。大型の総合リサイクルショップでは、取り扱う商品の種類も豊富で、子供服から家具まで一括して買取りをしてもらうことができます。買取額にこだわらず、とにかく家の不用品をすぐに全部まとめてすっきりさせてしまいたいという方には適しています。

 一方、せっかく売るなら少しでも高く売りたいという方には、専門型のリサイクルショップをおすすめします。例えば、おもちゃ専門、ゴルフ用品専門、婦人服専門と、商品をそれぞれの買取店に分けることで、一括で出すことに比べ、仕分けをしたり、それぞれの店舗に足を運んだりする手間はありますが、その分、高値で売れる可能性が高まります。メリット・デメリットを考えて、自分にあった方法を選択しましょう。

 スマホで簡単にできるフリマアプリも不用品を販売するにはとても良い手段です。リサイクルショップでは買取りをしない、受験の時に使った書き込みのある参考書、使いかけの化粧品、壊れたデジカメ、電化製品なども売れていきます。

 一方で、マスクやプレステの転売などであまり良いイメージがない方もいると思いますが、アプリの利用規約をきちんと確認し、ルールの範囲内で取引していればトラブルなどはほとんどありません。匿名取引などのサービスもあり、初心者でも安心して利用することができます。出品したことがない方は、ぜひ一度出品をしてみてはどうでしょうか。売れていくと、あれはどうだろう? もしかしたらあれも売れるかな? と片付けも楽しくなってきます。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング