まさかの法的トラブル処方箋

夫婦間の争い過熱させる家裁の無責任さ 結婚が破綻…そこに潜む法律の“罠”3

上野晃
上野晃

妻が浮気の末に娘を連れて行方不明に…

 「仕事と私、どっちが大事?」

 この台詞から、貴方(あなた)はどのような光景を思い浮かべるでしょう?恐らく女性が男性に尋ねている光景が浮かんでいるのではないでしょうか。私たちは皆、固定観念というものを知らず知らずのうちに抱いています。

 「奥さんが子供を連れて家を出た」

 これを聞いて、皆さんがイメージするのは? もしかすると、最近は変わってきつつあるのかもしれませんが、昭和のイメージはこんな感じでしょう。

 「夫が何か悪いことをしたんじゃないの?」

 男性が優位だった昭和の家庭では、女性が我慢に我慢を重ねた末に別居の決断を下すということが多かったようです。特に、昭和の時代は離婚に対して世の中が寛容ではありませんでしたから、別居・離婚の決断は並々ならぬものがあったことでしょう。そんな社会の雰囲気の中で作られてきたこのイメージ。今は、必ずしも事実と符合するものではなくなってきています。もちろん、夫が悪いでしょ、と思われるケースもあります。DV(ドメスティックバイオレンス)や浮気なんかはその典型です。

 しかし今日、例えば妻の側が浮気するケースも増えています。正直、夫側が浮気するケースと数的にはそれほど違いはないのではないかと思っています。さらに言葉の暴力や物を投げつけるといった物理的暴力によって、夫を痛めつけるということも珍しくありません。また、「冷めた」というだけの理由で夫の前から突然姿を消してしまうことも。そう、令和となった今日、別居・離婚に至った理由も多種多様なのです。

 夫が会社員で妻は専業主婦、その妻がSNSで複数の男性と浮気を重ねていました。4歳の娘さんはお父さんのことが大好きです。お母さんのことは、もちろん好きなのですが、少しばかり距離感がある関係でした。

こんな家庭を想像してみてください。この妻がある日、娘さんを連れて家を出てしまいました。理由は、その1週間前にSNSでの浮気について、夫から咎(とが)められたからです。会社から帰ってきた夫は、がらんどうになった部屋の前で呆然と立ち尽くしてしまいました。

 警察に行っても、全く相手にされません。行方不明のまま、夫は家庭裁判所に申し立てをしました。相手方は妻。申し立ての内容は、子供を返してほしいというものです。申立書が妻の実家に郵送されると、1回目の調停で妻は出廷してきました。弁護士を連れて。

 するとなんと、妻は夫にDVを受けていたと言い始めました。夫は否定し、証拠として日常の様子の分かる写真や動画、妻とのLINE(ライン)の履歴を提出しました。加えて、事前にスクリーンショットで保存しておいた妻と浮気相手との膨大な量のいやらしいLINEのやり取りも提出しました。

 結果、妻側の弁護士は辞任し、妻は2回目の調停から出廷しなくなりました。

 「妻は試合放棄しました。いつまでも裁判を空転させないでください。早く子供を返すようにという審判を下してください」

 そう希望する夫に対して、裁判官は「うーん、困ったなあ。そんなこと言ったって、奥さんが出廷しないと判断できませんよ」と言うばかり。「ということは、子供を連れ去った妻は、このまま裁判所に出てこなければ事実上勝てるってことですか? だったら裁判所の存在意義なんてまるでないじゃないですか」と詰め寄ると、裁判官は、ただひたすら「困ったなあ」と繰り返すのみでした。結局このケース、妻も夫も監護権者と指定しないという、あまりにも無責任な判断で終わりました。夫のもとに娘さんは帰ってきません。うやむやのまま、現在もどこにいるかも分からない妻の居所で生活をしているのです。

 こういった少なくとも令和的な感覚でみると、極めて滑稽とも言える判断や発言は、日本の家裁では珍しいものではありません。つい先日もある女性裁判官が「面会交流って、1カ月に1回が普通ですから」といった発言をしていましたが、普通って何?って問い返したくなりました。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング