ヘルスケア

小池知事「優先されるのは安全・安心の確保」 五輪開催都市本部の初会合

 東京都は16日、開幕を目前に控える東京五輪・パラリンピックの安全な実施に向け、小池百合子知事を本部長とする「東京2020大会開催都市本部」の初会合を開いた。緊急事態宣言下の都内は新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、小池氏は「何よりも優先されるのは安全・安心の確保だ」と感染防止対策の徹底を指示した。

 会合は小池氏と一部の幹部を除き、オンラインで行われた。大会期間中の人出を抑制するための取り組みや、報道機関の拠点となる「東京都メディアセンター」の運営などについて情報共有し、関係者との綿密な連携を改めて確認した。

 大会関係者の保健所機能を担う「保健衛生拠点」に配置される医師や保健師、積極的疫学調査を行う「トレーサー班」など、五輪会場で新型コロナの対応にあたる職員らの態勢についても認識を共有。感染者が出た場合には、大会組織委員会と協力して療養先を調整することなども報告された。

 小池氏は「アスリートがベストパフォーマンスを発揮し、大会ができるだけ都民生活に影響を与えないよう関係機関と一丸となり取り組む」と述べた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング