ヘルスケア

重症病床使用60%超なら「緊急事態対応が必要」大阪市長

 大阪府内で新型コロナウイルスの感染者数が急増していることを受け、大阪市の松井一郎市長は28日、府の自粛要請の基準「大阪モデル」の指標で重症病床使用率が60%を超えた場合、飲食店での酒類の提供停止など「緊急事態宣言中の対応が必要になる」との考えを示した。市役所で記者団に答えた。大阪の重症病床使用率は28日現在、20・9%。

 一方で松井氏は「(市民は)感染者数は増えてきたが、重症者は少ないという感覚ではないか」とし、「緊急事態という言葉を使って酒や外食を控えてくれといっても、正面から受け止めて行動を変えてもらえるだろうか」とも述べた。

 現在の大阪の医療提供体制は「コロナの陽性者やそれ以外の疾患の人が適切な医療を受けられない状況にはない」と説明。市民に対し「病床稼働率に注目してもらい、責任ある行動をお願いしたい」と呼びかけた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング