ヘルスケア

茨城県が宣言適用要請 知事「医療崩壊、現実的」

 茨城県の大井川和彦知事は3日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、臨時の記者会見で、政府に緊急事態宣言の適用を要請したと明らかにした。また国の判断に先立ち、県独自の緊急事態宣言を6日に発出することも決めた。

 独自の宣言の期間は19日までで、対象は県全域。飲食店へ午後8時までの営業時短要請をし、県営施設は原則休業する。

 茨城県では7月以降、感染者数が急増。大井川知事は「医療崩壊の現実的な可能性が出てきている。緊急事態宣言をためらう理由はない」と危機感を示した。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング