ヘルスケア

EU、米ファイザー製の3回目接種を支持 18歳以上に

 欧州連合(EU)医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は4日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を支持する声明を出した。18歳以上が対象。実際に接種を行うべきかどうかは各国の判断に委ねた。ドイツなど一部加盟国が既に3回目に乗り出しているが、他の加盟国も追随する可能性がある。

 免疫が著しく低下している人に対しては、2回目接種から28日経過後にファイザー製または米モデルナ製を追加接種してもよいとした。

 EMAは声明で、ファイザー製ワクチンに関するデータを評価した結果「18歳以上に対し、2回目から少なくとも6カ月後に追加接種を検討してもよいと結論付けた」とした。

 3回目接種を巡っては一部の国が実施する一方、世界保健機関(WHO)は効果に十分な科学的根拠がないとしており、見解が分かれている。

 EMAは9月上旬、EU機関の欧州疾病予防管理センター(ECDC)と共に、ワクチンの追加接種を行う「緊急の必要性」はないとの見解を発表していた。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング