ヘルスケア

ワクチンで死者6千人超回避 京大試算

 厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の会合が13日、開かれ、今年3~9月の約半年間にワクチン接種で約80万8千人の感染と約6400人の死亡が回避されたとの試算が示された。感染状況について、同組織は「改善状態を少しでも長く維持し、もう一段、感染者数を落とすことが重要」とする評価をまとめた。

 ワクチン効果についての試算は京都大の西浦博教授が資料を提出。ワクチン接種歴による感染者や死者数などから推定した結果、3月からの約半年で、実際の感染者は約114万人で死者は約8300人だった一方、ワクチン接種がなければそれぞれ約195万人、約1万4800人になっていた可能性があるという。

 会合では他に、今夏の第5波では年末年始の第3波や春の第4波と比べ、医療機関や高齢者福祉施設でのクラスター(感染者集団)が減少した一方、職場や学校・教育施設、幼稚園を含む児童福祉施設、障害者福祉施設などで増加したとするデータが東北大の押谷仁教授から示された。第5波での最多は職場の974件で、児童福祉施設515件、学校・教育施設493件などと続いた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング