ヘルスケア

ワクチン3回目接種体制「11月早期とりまとめ」と担当相

 堀内詔子ワクチン担当相は15日午前の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について「早ければ12月の開始を想定し、ワクチンの確保状況や具体的な接種体制などについて11月早期に取りまとめる」と述べた。

 ワクチンの3回目接種をめぐっては、岸田文雄首相が12日の参院本会議で、早ければ12月にも開始すると表明している。堀内氏は「自治体や医療関係者と連携しながら、しっかりと取り組んでいく」と述べた。

 また、堀内氏はワクチンの1回目接種を終えたのは14日時点で9431万1115人と74・5%に達し、全人口の約4分の3になったとした。2回目接種を完了したのは8331万1995人で65・8%となっている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング