SankeiBiz for mobile

【近ごろ都に流行るもの】深い“場の力”を残す下町の原風景 「まち工場跡」の魅力

記事詳細

【近ごろ都に流行るもの】深い“場の力”を残す下町の原風景 「まち工場跡」の魅力

更新

 東京・下町の原風景、まち工場。その数は年々減り続けているが、廃業した建物を活用したユニークな施設に注目だ。昭和のにおいが漂う広い空間。天井や壁のくすみに宿る歳月。日本のモノづくりを支えた職人の気配も…。深い“場の力”に包まれてみた。(重松明子、写真も)

<< 下に続く >>

 パヤパヤ、ズンドコ…。

 サイケデリックな女性4人組が歌い踊るステージは東京都墨田区の皮革工場跡だ。古い階段を上がると、かつての革の干し場がまばゆい舞台となっていた。背後の荒川河川敷が天然の書き割りみたい。

 「すごいでしょ! この空間を全部使いたかった」

 昭和40年代の音楽・演芸・ファッションを追究するレビュー団「デリシャスウィートス」リーダーのチャーマァさん(41)が呼びかけた。

 この秋開かれた結成20周年公演。レトロでユーモラスなお色気?と秘密めいた工場跡が絶妙なマッチングで、3日間に300人以上が詰めかけた。「エネルギッシュな高度成長期のモノづくりの活力を、芸に取り入れていきます」とチャーマァさん。

 工場の操業は終わっても、新たな創造が生まれている。

 東京23区最大の工場集積地大田区。昭和58年の最盛期の9177社から平成26年には3481社と半数以下に減っているが、地域の観光資源としても期待されている。大田観光協会は5年前、まち工場跡を使ったモノづくり発信施設「くりらぼ多摩川」を開設。まち工場巡りツアー「おおたオープンファクトリー」を11月17、24日に予定している。

 そんな同区西糀谷にある「ギャラリー南製作所」に足を踏み入れると、淡い機械油のにおいがした。コンクリートの床のザラリとした感触、鉄骨組みの天井に蛍光灯。時が止まったようだ。

 「ここが一番落ち着くんです」。オーナーの水口(みなくち)恵子さん(58)が出迎えた。父の南基次郎さんが昭和33年、一代で築いた自動車部品工場。最盛期20人の工員を抱えていたが、時代の波には抗えず先細った。だが、基次郎さんは1人になっても「体が動く限りは」と86歳まで黙々と仕事を続け、5年前に88歳で亡くなった。

 その2年後。1人娘の恵子さんは120平方メートルの工場をそのままギャラリーにした。

このニュースのフォト

  • 下町のまち工場跡が昭和ムードのステージを盛り上げた、デリシャスウィートス公演=東京都墨田区
  • 下町のまち工場跡が昭和ムードのステージを盛り上げた、デリシャスウィートス公演=東京都墨田区
  • まち工場跡の公演には、昭和ムード歌謡の名手、タブレット純さんもゲスト出演した=東京都墨田区
  • 下町のまち工場跡が昭和ムードのステージを盛り上げた、デリシャスウィートス公演=東京都墨田区
  • 「ギャラリー南製作所」の正面入り口。まち工場時代「有限会社南製作所」の看板もそのままかかっている=東京都大田区
  • 無骨なギャラリーの看板。まち工場へのオマージュを感じさせる=東京都大田区
  • 実家のまち工場をギャラリーにした水口恵子さん。父の形見の道具とともに=東京都大田区「ギャラリー南製作所」
  • 実家のまち工場をギャラリーにした水口恵子さん。空間を生かしたインスタレーションが展示されていた=東京都大田区

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です