SankeiBiz for mobile

中国ステルス戦闘機「殲20」は駄作機かそれとも傑作機か お披露目はたったの1分間

記事詳細

中国ステルス戦闘機「殲20」は駄作機かそれとも傑作機か お披露目はたったの1分間

更新

 中国の広東省珠海市で開幕した航空ショー「国際航空宇宙博覧会」で、中国が開発を進めている次世代ステルス戦闘機「殲20(J20)」が一般に初めて公開された。ステルス戦闘機は、米空軍が第5世代のF22戦闘機を実戦配備済みだが、J20はF22と渡り合えることができるほどの性能なのか。

<< 下に続く >>

中国報道官は「計画通りに開発が進行中」と説明

 2機のJ20によるデモンストレーション飛行は中国空軍のアクロバットチームによって11月1日に行われた。1機はすぐに会場の上空を飛び去ったが、もう1機は旋回して再び現れて、会場の上空を低空で飛行。上昇して消え去った。およそ1分間の初公開だった。

 中国空軍の報道官はこの一般公開に先立ってJ20の開発は計画通りに進んでいると説明。J20は「国家の主権と安全、領土保全の維持という使命」に寄与するとの考えを強調した。これまで、J20に関する情報はほとんど公にはなっていない。J20は2015年末までに試作機が9機製造され、11月1日に一般公開されたのはこのうちの2機とみられる。

「F22の対抗機になり得る」vs「J20のステルス性能は不十分」

 ベールに包まれてきたJ20の性能を推し量ることができる機会とあって、初のお披露目が注目されたが、評価は大きく分かれたようだ。ロイター通信は、J20がF22の対抗機になり得るとの見方を紹介。習近平国家主席は軍事改革を進め、新兵器や防衛システムの自国製造を増やしていると指摘。今回のデモフライトに関しては「何らかの意味があるとすれば、それは中国が確実に目的へ向かっているようだ」とした。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です