記事詳細

産金3つどもえ買収合戦も バリック、ニューモントに178億ドル規模提案

配信元:ブルームバーグ 更新

 産金世界最大手、カナダのバリック・ゴールドは25日、2位の米ニューモント・マイニングに178億ドル(約2兆円)規模の買収案を提示したと発表した。

<< 下に続く >>

 買収案は全額株式交換で実施。ニューモントを22日の終値を8%下回る1株33.50ドルと評価している。ニューモントは先月、カナダのゴールドコープ買収案を発表しており、産金大手の間で三つどもえの買収合戦になる可能性が高まる。

 ニューモントは、取締役会が今回の提案を検討するとしつつも、同社が発表したゴールドコープ買収計画の方が有益だとの考えを明確に示した。

 金の価格が過去半年にわたり上昇する中、産金各社の統合が進んでいる。バリックとニューモントは過去に統合をめぐる協議を繰り返したが、2014年に破談していた。両社はネバダ州に保有する資産が隣接しており、統合すれば運営面でのメリットは大きい。バリックのソーントン会長は「統合による相乗効果について繰り返しニューモントと協議してきた」が、「ゴールドコープの質の悪い資産を当社の資産に加えることに興味はない」と語り、ニューモントのゴールドコープ買収案を牽制(けんせい)した。

 ニューモントのゴールドバーグCEOは「当社の株主はゴールドコープ株価の加重平均に17%を上乗せして同社を買収するか、当社の評価を低く見積もったバリックの提案を受け入れるかの選択を迫られる」と述べた。(ブルームバーグ Danielle Bochove、Ed Hammond)

ランキング