海外情勢

米中高官協議あと2回予定 来月の首脳会談で合意署名目指す

 米中両政府が通商問題での合意に向けハイレベル協議を近く開催することが分かった。2回開催する予定で、5月初めまでに妥結し、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席による同月中の合意署名を目指す。

 閣僚級協議も行われる予定で、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官は4月29日の週に北京を訪問する計画。中国の劉鶴副首相がその翌週に協議のためワシントンを訪れる予定だという。劉副首相の訪米中に、両国の当局者は交渉妥結と、合意署名のための米中首脳会談の詳細を発表したい意向で、その場合、5月下旬の会談開催が設定されることになりそうだと関係者は語った。

 トランプ大統領は4月4日、合意の枠組みをまとめるのに4週間、詳細文書の策定に2週間必要となる可能性を示していた。またトランプ大統領は17日、ホワイトハウスで開かれたイベントで、交渉は「成功」するだろうとの考えを示した上で、近いうちに最新情報の発表があるだろうと述べた。

 関係者によると、一つの選択肢として検討されているのは、合意署名のための米中首脳会談を日本で行う案。トランプ大統領は5月1日に皇太子さまが天皇に即位された後に会見するため来日を予定している。(ブルームバーグ Sarah McGregor)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング