国内

ホルムズ海峡タンカー攻撃 保坂修司氏「緊張緩和を妨害する意図の可能性も」

 ホルムズ海峡近くで13日、日本関連の物資を積んだタンカー2隻が攻撃を受けた。

 日本エネルギー経済研究所中東研究センターの保坂修司さんは次のように指摘する。

 「犯行声明などは確認されておらず、日本に関係する船舶をあえて狙った襲撃とは断言できない。ただ、襲撃は安倍首相のイラン訪問のタイミングと一致している。訪問の意図を周辺の緊張緩和とみて、反対に周辺地域の緊張を高めたい勢力が、妨害する意図で行った可能性もあるのではないか。リスクが顕在化し、周辺を通過する船への保険料の上昇も予想され、油の価格の上昇は避けられない」

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング