G20

エネ・環境相会議が開幕 世耕経産相、来年4月1日にもレジ袋有料化方針 プラごみ削減の国際枠組み構築に各国賛同

 20カ国・地域(G20)エネルギー・地球環境分野の閣僚会議が15日、長野県軽井沢町で開幕し、世界で深刻化するプラスチックごみによる海洋汚染問題について、G20としての議論が本格化した。世耕弘成経済産業相は開幕のあいさつで、東京五輪・パラリンピック開催前の来年4月1日にもレジ袋を有料化する方針を明らかにした。会議では、プラごみ削減に向け、各国の自主対策の内容を定期的に報告・共有する国際枠組みの構築を日本が提案し、賛同を得た。

 午前中に開かれたエネルギーと環境分野の合同セッションでは、共同議長の世耕氏が「環境と成長の好循環」を技術革新で実現していくことの重要性を訴え、G20各国の優れたクリーンエネルギー研究機関のリーダーが集まる国際会議開催を呼びかけた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング