国内

賃上げ継続を経団連に要請 西村再生相、2年春闘で

 西村康稔経済再生担当相は23日、東京都内で開かれた経団連との意見交換会で、令和2年春闘において「外需に不透明感がある中で厳しい面があると思うが、賃上げの継続をお願いしたい」と要請した。会合には経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)ら幹部が出席した。

 西村氏は「6年連続で今世紀に入って最高水準の(春闘での)賃上げが続いてきている。デフレ脱却に向けて継続が必要だ」と強調した。

 10月の消費税率の引き上げで家計の負担が増す中、政府は個人消費の減退を回避するため、企業に対し賃上げ圧力を強める可能性がある。ただ海外経済の減速で企業の景況感は悪化しており、賃上げの勢いを維持できるかどうかが焦点となりそうだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング